Works

当店の仕事

手縫い靴の定番・・・

ハンドソーンウェルト製法です。ウェルトと呼ばれる革の部品を靴底に対して平行に縫い付けるので、返り(靴底の屈曲性)があまり悪くなりません。中物(靴底の中のクッション)を入れるスペースはやや少なめです。

見た目が好きです。

ノルウィージャン製法。アッパーに手縫いのステッチってかっこよくないですか?ボカァ好きです。手縫いの定番ではないですが、ウェルトがない分作りやすいと思います。いかにも手で縫いましたって感じを出せる作りです。中物を入れるスペースはほとんどありません。

底付けの違いでどんな影響が・・・

あるかといえば、「返り」と呼ばれる靴底の屈曲性に影響があります。
当店で出来る底付け方法の種類は以下に。
 
・ステッチダウン製法
・ノルウィージャン製法
・ハンドソーンウェルト製法
・マッケイ製法(手縫いのマッケイも含む)
・ブラックラピド製法
・ノルウィージャンウェルト製法
 
です。上から順に返りがいいです。でもアッパー(足を覆う部分)に使う革、靴底の厚みと材料の違いが関係するので上記の順番通りとは限りません。
防水性はどうかといえば革底のマッケイ製法は水がしみ込みやすくハンドソーンウェルト、ノルウィージャン、ノルウィージャンウェルト製法はしみ込みにくいです。しかし革底なら遅かれ早かれしみ込んできます。

堅牢さ故の・・・

返りの硬さ。この写真の底付け方法は「ノルウィージャンウェルト製法」といいます。靴底の周囲に縫い付けた革をL字型に曲げているため、他の製法よりも返りが硬いです。右の写真の靴底は厚さ18mm、その分重く片足750gあります。ゴツい見た目通り、返りは硬いです。

違いがわかる人の・・・

上の写真の3つは同じ木型で作ったものですが、芯の厚み、底付け方法などの違いで見た感じが違います。…違いません?そう言われて見ると違って見えてきませんか…。

縫い目の数だけ物語がある。

というのは嘘ですが、縫い目の数だけ針穴があります。針穴が増えるとそこから破けやすくなりますが、そんなことばかり考えてもいられないのでパッチワークもします。ネコのひっかき傷も目立ちません。ハギレがたまるとパッチワークにすることもあります。

木型。木型。

大事なことなので二回言いました。靴作りには重要なものです。当店のフルオーダーはお一人お一人に木型の原型をお作りします。片足分の木型を角材から削りだし、それを基に木かプラスチックで両足分を複製します。
靴を足に合わすために大事なことは修正であって、一から削りだすことではありません。
ではなぜお一人お一人に削りだすかというと、木型には足に合わすための私なりのこだわりの形があり、お客様のお好みの形もお一人お一人違います。その形にするには既存の木型やプラ型を修正するより、角材から削り出すほうが早く、安いのです。そしてなにより、自分で作った木型を使う満足感を得たいのです。